52971423_2096681717080872_2924389922712322048_n

「ピザ2枚の代金25ドルを 支払った代わりに20億円以上!」

こんばんは。

眞殿勝年です。

前回は、
仮想通貨が使用された
初めてのお話をしました。

ピザ2枚の代金25ドルを
支払った代わりに20億円以上!
を手にしたという驚きの実例でした。

では、
なぜそのようなことが起こりうるのか?
ということについて本日はお伝えしていきます。

それには、
仮想通貨における「ICO」
というものが深く関係しています。

では
「ICO」とは何かご存知ですか?

耳にしたことがある方も
多いのではないでしょうか。

「 ICO」とは、
イニシャル・コイン・オファリングの略です。

・Initial(イニシャル)最初の、初期段階
・Coin(コイン)コイン、通貨
・Offering(オファリング)募集、売り出し

「ICO」とは、企業や組織が、
独自のトークン(代用仮想通貨)を
発行・販売し、自分たちの目的を
実行する仕組みのことです。

※一般的に「トークン」とは、
価値のあるものと(商品)交換できる
引換券のことを言います。

例えば、
AmazonポイントやTポイントのように
ポイントをお金として使用できたり、
ショップのスタンプカードのように
集めると商品と引き換えてくれるような
サービスのことです。

※一方、
仮想通貨における「トークン」とは、
ビットコインやイーサリアムなど
独自のブロックチェーン技術上で
発行・流通している仮想通貨ではなく、
既存のブロックチェーンを利用して
発行されているものです。

つまり、
仮想通貨:
独自のブロックチェーン技術で発行されたもの

トークン:
既存のブロックチェーン技術を借りて
発行されたもの

ブロックチェーンを貸しているのが、
仮想通貨

借りているのが
トークンということです。

「ICO」とは、
企業や組織が、
独自のトークンを発行・販売し、
自分たちの目的を実行することでしたね。

ですから、
企業や組織はトークンを買ってもらい、
それぞれの目的を果たそうとしているのです。

では、
その目的とはどのようなものなのか?

ここに多くの人々が注目する秘密があります。

この続きはまた次回お伝えしていきます。

お楽しみに!

※メルマガでは公開していない内容や、
私がおすすめする極秘案件を限定公開中!

まだご登録されていない方は
こちらにご登録の上、余すことなく受け取ってください。
↓↓↓
★メルマガはこちらから登録★

さらに
↓↓↓
★眞殿勝年公式LINE@もおすすめです。
★LINE@はこちらから登録★
「友だち追加のIDは『@madono』です。」

52905684_2096681710414206_554775492490690560_n

52971423_2096681717080872_2924389922712322048_n

52608847_2096681777080866_4988390032227172352_n

53417202_2096681797080864_3317693456830169088_n

52893678_2096681837080860_2807152571255357440_n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP